FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵の街・真壁のひなまつり


昨年の6月に一度訪れた桜川市の真壁
次はおひなまつりの頃にもう一度、と思って、出かけてみました。
真壁ひな祭り1

6月の平日とは全然ちがって、ものすごく沢山の観光客が来られていました。
そう、広くもない道路に各商店がワゴンを出したり、テントがあったりと
町全体がにぎやかです。

そして、江戸から大正時代の古い建物にこれまた各時代の雛人形がたくさん飾られ、
見ごたえ十分なおまつりとなっていました。
真壁石雛

さすが、石の真壁です。
こんな”石雛”もありましたよ。
石材店の作品です。
これは商品ではありませんでしたが、
こんな石のお雛様を売っている石屋さんもありましたし、もっと小さな石雛もありました。
日本式の庭園によさそうなガーデン用っぽいのもありました。
真壁ひな祭り2

そして、素敵だな~と思ったのは、お雛様の飾り方。
もちろんスタンダードな段飾りもりっぱで素敵なのですが、
この画像みたいに生花や枝物などと一緒にディスプレイ風に並べるのもいいですね~。
スペースの余裕があれば、やってみたいと思っちゃいました。
和室の床の間(うちにはあるんですよ~。床の間が・・・)にこんな風に並べて、
後ろに桜や桃の柄のタペストリーみたいなのをかけるとか。
真壁ひな祭り4

こちらもお雛様がいくつも一緒に飾られていました。

真壁の町は商店だけでなく、周りの一般のおうちもこのお祭りに参加していて、
お雛様を飾って見せてくれている所があるのです。
道のあちこちには竹の花入れがあったり
休憩用の椅子が置いてあったり、
見物に来てくれたお客さんをもてなす工夫が色々とされていました。
古いお雛様の説明をしてくだる方も多いですし、
楽しく見物させて頂けました。
普段は中までは入れない古い建物も 中に入ってお雛様を見る事ができますし、
本当にじっくり”蔵の街・真壁”を楽しめます。
TXのつくば駅から臨時バスも出ているそうで、益々お客さんが増えそうです。
真壁ひな祭り3

この御殿のついた段飾りは昭和の初期から40年頃までは作られていたそうですが、
仕舞う場所が要るからでしょうか、
その後はこのような御殿のついたタイプは無くなっていったらしいと
酒造の方が話されていました。
主人の実家にあったのもこのタイプでした。
私のお雛様には御殿は無くて屏風でした。
今見ると、素敵ですよね。
きっと昭和40年頃って、巨大団地とかが出来始めた頃で、
大きな段飾りや片付けるにも場所を取るタイプよりケースにコンパクトに入った方が
人気があったのでしょう。

素敵なお雛様を沢山見せて頂いて、自分ちのお雛様をここ数年出していない事を可哀想に
思いました。
なので、今日早速、飾りましたよ。
でも、あと1週間だけなのでスマン・・・親王様だけ・・・。
(本当は7段飾りなのですが・・・根性が出なかった・・・来年は絶対1月中に出しますので、許して、その他13人の方々・・・)

お雛様をリビングに飾ってみて、やっぱりいいものだな~としみじみ思いました。
季節を感じる、お人形やお飾り。
めんどくさがらず飾って暮らしに彩りを、ですね。

真壁のひなまつりは3月3日までです。
蔵の街 真壁のひなまつり

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/69-8fee5471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。