FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木市ヘリテージングその1


8月最後のお休みに"栃木市”に行って来た事は前々回に書きました。
すてきなお土産を買えたのがうれしかったのですが、
「蔵の街・栃木」は本当に素敵な所でした。

私のように”古い建物を見るのが好き”と言う人や
”歴史を感じる場所を歩くのが好き”などという方には
絶対、気に入ると思います。

「蔵の街」と言う位ですから、蔵のある住宅もありますが、
蔵造り商家、通称"見世蔵”が数多くあり、今も使われているのが
なんともすばらしいのです。
旧例幣使街道

いつもこのような蔵がまとまって残っている場所に行くと感じるのですが、
残った理由があるのだと思います。
そこそこ、人が集まる大きな町だと常に新しく開発されてしまうので、
古いものはどんどん壊されてしまうのです。
ちょっと離れた所に商業的や交通の便などの理由で大きな町があると、そちらばかり開発の手が入って、一時、取り残されたような場所が出来る事があります。
そういった所が、数少ない、貴重な町並みとして今、注目されるのでしょう。
早くにその"価値”に気が付けば、保存や活用のしようもあるのですが、
例えば、土浦などは、ちょっと前までは結構残っていたのに
今更、生かすには少なすぎる状態です。

なので、この栃木市はりっぱに残され、使われてすばらしいのです。
とちぎ蔵の街観光館とポケットパーク

観光案内所も見世蔵や土蔵群がお土産物店などになっている所にあります。
隣には小さな休憩スペースもあり散策の為に整備されています。

今回は時間が無くて見学できなかったものの有料で、じっくり見学させてもらえる建物も多いのです。
横山郷土館

およそ550年もの歴史のある"岡田家”のお屋敷は「岡田記念館」として公開されています。
帰宅後、ご主人が栃木出身の友人に”栃木市に行ったよ”とメールしたら、なんと岡田家はご主人のおばあ様のご実家だとかで、
”実家が記念館になってて、観光客とかきちゃうんだよね~”とか・・・。(今の住まいは別の所だそうですが)
入り口の看板に「代官屋敷」とあるように陣屋のりっぱなお屋敷で、
おばあ様もものすご~いお嬢様だったそうです・・・。
なんか勝手に横溝正史の小説に出てくる由緒あるお宅のおばあ様を想像してしまった私です・・・。
岡田記念館
見世蔵の商店で買い物をしたり、お屋敷の暮らしぶりを見学させてもらったり、
じっくり時間を取ってもう一度行ってみたいと思います。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/47-ece73582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。