FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ・銚子電鉄の旅


銚子電鉄

千葉県 銚子のあたりに行ってきました。
今回はプチ鉄道ヲタク気分で”銚子電鉄”に乗ってみようと、出かけました。
銚子鉄道は銚子駅からたった6.4キロの短い路線です。
赤字で存続が危ぶまれていたものの
起死回生の”ぬれ煎餅販売”やボランティア活動、
それに近頃テレビなどで注目されつつあって
なんとか細々と営業しているレトロ感満載のかわいい鉄道なのです。
古い、払い下げの車両を使っているところ、
駅舎も小さくて古いかったり、一度きれいになったものメンテされていなかったり・・・。
本当に見ても乗ってもほのぼのとする電車でした。
終点・外川駅

銚子が出発駅で終点は海に近い外川駅です。
外川駅・外灯

外川駅の入り口にはこんなレトロな外灯がついていましたよ。
ペンキもはげてシャビーシック!?
車内扇風機

電車の中にも今は見かけなくなった車内扇風機がブンブン廻っていました。
かなり強い風が出ますが、銚子あたりは海風が強いので、
窓を開けていれば冷房が無くても涼しく、気持ちのいい風がはいってきていました。
途中にお醤油の工場もありますので、お醤油の香りがする駅もありました。
犬吠駅舎

犬吠駅はなぜかポルトガル風なタイル作りの駅舎です。
ここは冷房も入っていて、他の駅とちがいます。
ぬれ煎餅もここで売られています。
車内検札

電車は無人駅も多いので、車内でバスのように切符を買います。
(犬吠駅や外川駅など切符の買える駅もあります)
単線なので、途中上り線と下り線が行き会う待ち合わせ駅があります。
その駅と銚子駅の間だけ車掌が乗ってきて検札をします。
車掌さんは若いお兄さんでしたが、
使っている首から下げるバックは何代使っているのだろう?と思うほどのアンティーク化した車掌バックでした。
こんなのどかな線路

夏草の茂る住宅地や畑の脇を時速30キロほどのゆっくりペースで進んでいきます。
途中トンボが車内に飛び込んで来る事もありました。
犬吠駅・売店

犬吠駅の構内では名物の”ぬれ煎餅”が焼かれて販売されています。
国産うるち米に地元のお醤油をたっぷり染み込ませたお煎餅です。
大人気でネット販売が出来ないほどだそうです。
名物・ぬれ煎餅

もちろん買って食べましたよ~。しょっぱいけどかなりおいしいです!
1枚85円のお煎餅ですが、今では経営の大きな支えでもあるようです。

この日も地元の足として乗っているのだな風の人の他に
かなりの数の観光らしきお客さんが乗っていました。
途中下車可能のフリー切符で犬吠崎の灯台も見にいかれますし、
駅にある売店のなぜか有名な"たい焼き”を買っている人も結構いました。
写真を撮ってる、鉄道ファンらしき人も。通称”撮りテツ”っていうやつでしょうか。
私は今回乗ってみたかったのでなんちゃって"乗りテツ”ですね・・・。

交通手段としては使う事もある鉄道ですが、
今回のように"乗りに行く”のは初めてでした。
ボロボロの駅舎や電車ではありますが、とても応援したい気分になりました。
まぁ~切符を買って電車に乗って、煎餅買う位でしたが・・・。

レトロでかわいい電車、ずっと走り続けて欲しいですね。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/42-4aaeef1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。