FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじさいとお寺


先週、真壁の町歩きに行った帰り、
お寺の見学もしてきました。
ひとつは”雨引観音”と呼ばれて茨城のあじさい寺として有名な
「雨引山楽王寺」です。

雨引観音2

ここは観光寺としてもそれに安産・子育てのお参りにも有名なので、
広い駐車場もあるし、階段の手すりから売店まで整えられています。
今も、池を作っているらしく、工事の最中でした。
下の画像の急な石段の他にもっと登りやすい階段が整えられています。
雨引観音1

驚いた事に夜は門が施錠され、番犬が放たれるとか書かれていました。
(最近は寺社仏閣に泥棒が入る話も聞きますしね・・・)
売店ではお札やお守りはもちろん、紫陽花の鉢苗も売っていました。

門までの階段の所やお寺までの道路の脇に
たくさんの紫陽花が植えられていました。
まだ、咲き始めでしたが、満開になったらすばらしいのでしょう。
雨引観音の門は色彩鮮やかで華やかな美しさです。

ここの後、もう一箇所お寺に寄ってみました。
まったく知らないお寺でしたが、
真壁の民族資料館で、展示してある写真を見て興味を持ちました。
つくば市の”つくし湖”という人造池の裏手にある山寺です。
薬王院1


ここは「椎尾山薬王院」です。
樹齢500年もの椎の大木が茂る山の中で、訪れる人もなくひっそりとしています。
上の画像は仁王門。
江戸初期の建造です。画像では見えませんが中にりっぱな仁王様がいらっしゃいます。
薬王院2

仁王門の下はあまり整備されていない(古いまま)でこぼこした急な石段。
仁王門の重厚な古さといい、雨引観音とは対照的です。

中には県指定の文化財だという三重の塔がありました。
椎の大木の脇で、なかなかの迫力です。薬王院3

こんな山の中にりっぱなお寺があった事は全く知りませんでした。
このお寺にも紫陽花の花が咲いていて、
池なども作られていました。

私は東京出身なのですが、東京のお寺は大体平地にあります。
でも茨城のお寺は結構 山にお寺があって、
お寺に入るのに急な石段を登る所が多いと思います。
お参りするのに急な石段を苦労して登り、やっと仏様の前に行かれる、そんな、過程になんとなく尊いものを感じます。
石段の左右に植えられた紫陽花は今の季節、急階段の慰めのようです。

山寺は山岳信仰があるからこそという別の理由もあるとは思いますが、
古寺と紫陽花は良く似合うものだと思いました。

茨城にはまだまだ私の知らない見所も多そうです。
茨城にずっと住んでいると言う方でも知らない所がある事でしょう。
"お出かけ”のカテゴリーでどんどんご紹介していきますね。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/30-c9784838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。