FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真壁の町歩き


真壁1

茨城ヘリテージングにまた、行ってきました。
今回は桜川市の「真壁」です。
真壁は古い城下町で、先日訪れた石岡の商店街より更に古い建物が多く残っています。
町中に登録文化財指定の建物が数多くあり、
一度にたくさんの建物を見学する事ができます。
画像のお宅はポストまで、雰囲気を合わせて設置しています。
真壁2

画像の郵便局は、旧真壁郵便局です。
郵便局自体は移転してしまっていて、この建物は観光案内所になっています。
真壁や桜川市の観光に関するパンフレットなどが置いてあり、
また郵便局内は見学できます。
レトロな内部はとってもかわいいです。
真壁3

真壁の古い建物は江戸末期からのものが多く、
商家作りの家、土蔵、表門など重厚なものを見ることができます。
ヘリテージングには少々年代が古くなりますが、
茨城県内でも一箇所にこれだけ見る価値のある古い建物が集まって残っている所はありません。
また、観光用に整備もされていますので、
道案内の看板やトイレ、休憩所などもあります。
かと言っても、殆どの登録文化財は、私邸だったり営業中の商店です。
やはり、マナーをわきまえて見学したいものです。
本当は断ってからの写真撮影の方がいいのかな?という気もしなくはないのですが、
いちいちピンポンと呼び鈴を鳴らして、お伺いするのも迷惑な話ですね・・・。
なるべくご迷惑にならない程度に、を心がけています。
でも、観光に来てくれるお客様、という意識を住人の方も持っていっらっしゃるのか
玄関先で「こんにちわ」と声をかけて下さる方もいっらっしゃいました。心遣いがうれしいですね。
真壁4

上の画像は「公明」というお酒の醸造所です。
脇倉は白壁に瓦で、雰囲気のあるものですが、
煙突やレンガの建物など、また杉玉も飾ってあって絵になる風景でした。
真壁5

りっぱな薬医門のあるお宅もありました。
長屋門という左右に蔵などにつかう部屋のある大きな門構えのお宅もありましたたが、
門の立派さが城下町の屋敷であった昔を忍ばせます。

真壁は花崗岩の石細工の町でもありますので、
一般住宅にも結構石の置物があったりするのも面白いと思いました。
民族資料館も町の中心部にあり、
また三月のお雛様の頃は、商店などに雛人形が飾られて、公開されます。
歴史好きだけでなく、観光で訪れても面白い所です。
今度はやっぱりお雛様の頃に行ってみたいです。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/27-6fd01049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。