スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい町並み石岡


昨日は、おとなりの石岡市にヘリテージングしに行ってきました。
石岡も新しい広い道沿いに大きなショッピングセンターやレストランが多く、
旧市街地はちょっと寂しい感じです。
でも、この石岡駅そばの中町通り商店街こそ、見るべき価値のある場所なのです。
久松商店

上の画像は、古い商店を改造して今は1階がカフェになっています。
どうも、観光用に改造されたらしく、
お茶しなくても建物の見学が許されています。
レトロカフェ

カフェもレトロな雰囲気に作られていてなかなかいい感じです。
時々、JAZZのライブなども開催されるそうです。

石岡のこの古い商店街は昭和初期の建造物と江戸時代からの建造物が両方あります。
すでに、石岡市で、観光用に整備してありますので、
それらの建物は保護されつつ、使われています。
丁子屋という元染物のお店は今、観光協会の案内所兼喫茶となっています。
ここは建物の中も見学でき、パンフレットなどをもらう事ができます。

すがや化粧品店

石岡のこれらの建物は登録文化財で、基本的には古い建物はそのまま使われていますので、
看板建築という昭和初期のモルタルで、装飾がされた商店の二階部分などがそのままになった営業中のお店があるわけです。
この看板建築も今では、装飾が出来る職人がいないそうで、
保存されなければなくなっていくものだと聞いています。
土蔵の家

元は商店だったと思われる古い土蔵の家なども周辺にはありますが、
現在は、商店ではなく、住居として使われているようで、
パンフレットに記載されている以外にも古い建物が多いのです。

水戸街道の中でも国府であった石岡はとても大きな町だったのですね。
今日は、商店街をゆっくり歩いて写真を撮り、
見学させて頂ける所は中までじっくり見る事ができました。
観光用に整備されたからではありますが、
ヘリテージングにはもってこいの町です。

水戸街道を土浦方面に進むと旧道には豪農の古い家も多数残っていますが、それも見学してみたいです。
懐かしい雰囲気の町をのんびり見学しながら歩くのは楽しいです。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/23-af1454d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

『水戸街道』について

水戸街道水戸街道(みとかいどう)は、江戸時代の五街道に準ずる脇街道の一つ。江戸と水戸市|水戸をつなぐ街道で五街道と同様に道中奉行の管轄に置かれた。なお水戸側では江戸街道と呼ばれた現在では、国道6号の東京都墨田区向島 (東京都)|向島~茨城県水戸市まで区間の愛称

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。