FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うす曇のお花見


石神井川桜1
桜が咲きましたね。
4月になってもあまり天気の良い日が無く、
今年の桜はなんともお花見時のタイミングが難しいです。

昨日のお休みに私は入院している父を訪ねて、一緒にお花見に行きました。
母と娘と一緒に車椅子を押して入院先のすぐ近くの石神井川縁の桜並木を少し歩きました。

天気予報では午後から雨だったので、午前中のうちに、と出かけました。

父は桜が大好きです。
建て替え前の自宅には12月から咲く寒桜、染井吉野、それに庭の奥には八重桜があり
それぞれ花の咲く時期がずれていたので、長い期間桜を楽しめる家でした。
都内の大して広い敷地でもないので建て替えの時には全て切ってしまいましたから、
余計、桜が待ち遠しく感じるのかもしれません。
12月頃から、桜が咲いたら見たいような事を時折言っていたので、
咲いたら、見舞いに行って少し外出させてもらおう、とずっと思っていました。

と、言っても休みの少ない仕事がら、満開の見頃の時にそれが叶うかな?と心配ではありました。

昨日は、花見日和の天気ではないものの、都内の桜はすでに満開と聞いていたので、
今日しかない!と雨の降らないうちに・・・と、でかけました。

石神井川のこのあたりは加賀藩の下屋敷のあった場所で、橋は金沢橋、
公園は加賀公園と歴史を感じる地名が多く見られます。
川は渓谷になった場所だったそうですが、今はコンクリートで固めてあります。
その川の脇には遊歩道があり桜並木の脇を歩く事ができるのです。

ちょっと薄ら寒い日でしたが、桜は満開のピークを過ぎて、散り始めた所です。
たっぷりと花をつけた枝、少しの風で舞い落ちる花びら、桜が一番綺麗な時のように思います。
石神井川桜2
川面には薄ピンクの花びらが浮かび、枝垂れるように咲く花は本当にきれいです。

お天気はいまひとつではありますが、
一番きれいな桜を父に見せてあげる事ができたと思うのですが、
どうも父の反応があまりありません。

石神井川桜3
病気がある生活は、いつも心晴れることが無いのかもしれません。
なので、桜を見る気持ちも私のそれとは違うのかもしれない。
だから、あまり語らず、桜の下を歩きました。

桜の散っていく様子にはなにかセンチメンタルなものを感じますが、
それはどうしても、人の生や自然の刹那と重ねてしまうからでしょう。

うす曇の中でのお花見は、なんとなく心もうす曇な花見となりました。

だけど、今日の桜は、あまりにも美しかったので、写真をアルバムに貼って父に届けようと思いました。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。