FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルシェかごの内張り作り


マルシェ内張り2
お店でも大人気の”モロッコ製のマルシェかご”もう、売り切れ寸前の品薄状態です・・・。
特に先月より、エムズからの送料が大幅にお安くなったので、web注文がどっと増えてしまいまして、
出荷が大忙し。在庫は無くなりそうなのに次の入荷はまだまだ先です・・・。

そんなすでに定番となったマルシェかごですが、
基本的にはバスケットの部分は素材のままで入荷するのが普通です。
そこにきれいな布を張ってあるタイプをご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
モロッコではそこまでは仕上げないので、
大抵、輸入業者や販売会社などが後から生地をつけているのですね。

マルシェはハンドメイドの為、規格のサイズはあるもののやはり1点1点全ての形が違います。
なので、ぴったりサイズの内張り布を自分でつけてお使いになりたい場合は、
マルシェかごを先に手に入れて、現品のサイズを測って、作った方がいいですね。
生地を張って売ってるマルシェはお値段が生地無しの倍位するのが多いですし、
生地のプリントや色によって、マルシェかごのイメージが随分変わって見えます。
ですから好みの生地を選んで自分でつければ、
世界にひとつだけのお気に入りマルシェができちゃう訳です。

エムズでも生地を張りたい場合は、マルシェのサイズを測ってから作った方がぴったりのができますよ、とアドバイスいたしますが、
なかなかその、作り方までゆっくり説明する機会がありません。

なので、今日はここにざっと「マルシェかごの内張りの作り方」を書きますね。
後で、webサイトの方にもっと詳しい作り方も載せる予定です。
マルシェ内張り

「革縁取りのモロッコマルシェかごの内張り布の張り方」
型紙作り~生地の裁断
楕円形の内底、本体胴内側部分の型紙を作ります。
底は楕円のたて・よこの長さを現品で測り、紙にざっと大きめに書いて、底部分に合わせながら型紙にすると良いです。
胴部分は前後2枚に展開します。
入れ口1周と底部分1周の長さをそれぞれ測り、長さそれぞれを半分にした扇型の型紙とします。
底の楕円形の円周と扇型の胴部分型紙の底2枚分の長さは同じになるはずです。
ただし、現品で型紙を取ると、部分によって微妙に長さやアールの角度が異なっていたりしますので、
胴部分の型紙は前後共現品にあわせて作り、底の部分の型紙と合印をつけて、必ず、型紙通りの組み合わせで縫うように注意します。
また、マルシェの形がかっちりしたものではない為、縫い代は普段より余裕を残しつつ生地の裁断をします。

(私は本体片側にポケットをつけましたので、その場合は同じ生地で、接着芯を貼ったポケット部分も作って先に縫い付けておきます。)

胴体部分2枚の両脇を縫います。
内張り布なので、縫い代はかご本体と内張りの中に入ってしまいますので、縫い代裁ちっぱなしでもOKです。

底と胴体部分を縫い合わせます。
楕円のカーブに本体の底がきれいにおさまるようにピン打ちしてミシンで1周縫います。

内袋の上部はほつ止めのロックミシンかジグザグを1周かけておくと良いです。

マルシェかごの本体の中に収めてみます。
あとは入れ口部分を留めれば出来上がりですが、
ここを縫いとめるか接着するかが悩みどころです。
糸で、縁取りの革の際に縫い留めればいいのですが、
本体を編んでいる素材に針穴を沢山あけると、痛まないかちょっと心配です・・・。
なので、今回はホットボンドで接着してみました。
実はこの方が簡単です。
縁取りの革の端部分を少しめくって、その中に内袋の端を折り曲げた部分が入るようにグルーガンで接着していきます。

端から順番につけていくのではなく、かごの左右前後の4箇所のポイント部分と内袋のそれぞれの4点を合わせて、残った所をきれいに収めるように接着します。
この部分まできても 結構 内袋とマルシェの縁の長さがぴったり!!じゃなかったりして微妙な調整が必要な事もあります。
内袋の高さもマルシェかご本体の高さが部分によって少し異なりますので、現品に合わせながら、
内側に折り曲げて接着していきます。

貼り残しが無いか、チェックして完成です。

私はクラシックなローズ柄のプリント布を張ってみました。
夏らしいフルーツ柄や細かいリバティープリント、冬も使うならブラックウォッチのリネンもいいですね。

今回はシンプルにポケットの付いた内張り布だけにしましたが、
内張り布と本体の間にもう一枚、蓋になる生地を挟み込んだり、
内袋を巾着にしてしまう作り方も出来ますね。
私は余った、このプリント生地と別布でかごの中で使う巾着袋を作ろうと思います。

大好きなマルシェかごが自分だけのオリジナルになると更に愛着がわきますね。
お気に入りの生地でぜひ作ってくださいね。

エムズエンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://emuzuzakka.blog102.fc2.com/tb.php/103-70571d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。