スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと1日!2007年


ローズバスケット

2007年も明日1日で終わりです。

なんだか今年も出来なかった事ばっかりで、
反省だらけです・・・。
webサイトのリニューアルものろのろと進めているものの、
色々盛りだくさんに考えすぎてしまっているのかまだ出来ません。

自分の生活面でも相変わらず、やろうと思っている片付け物が出来ないとか・・・。
庭の植物の手入れもままならないとか・・・。

ここで"来年はこれをやるぞ!!”と宣言するのはやめておきます。
とても達成できると思えないからです・・・かなり後ろ向き・・・。

でも、変に力入れないで、まぁそこそこ、っていうのでいいと思います。
常に目標は低め設定で、達成度を高く(?)
なんだかエムズの雑貨と同じみたい・・・。
ちょっとだけ幸せ感じる満足度でしょうか。
必要不可欠ではないけれど、そばにあるとプチ幸せ。
そんな小さな幸せをお店で感じてもらう事ができたら自分もうれしいです。
毎日の生活もそんな感じです。

新年は3日間お休みを頂きます。
家族みんなと過ごす久しぶりの時間です。
元旦には友人家族と”天皇杯”のサッカーを見に行きます。
2日3日は主人の姉妹家族や私の実家の家族と過ごします。
商店を営業していると、会社勤めの兄弟ともめったにゆっくり会えません。
本当に年に1回か2回位です。

ゆっくり話をしたりおいしいものを食べて過ごしたら、
また4日からはエムズではりきってお仕事です。

5日過ぎからは新しい商品も続々入荷してきますので、
どうぞ、ゆっくり遊びに来てください。
子供の学校が始まると”やっと私の時間ができた~”と
エムズに来て下さるママさんたち結構いらっしゃいます。
お待ちしておりま~す。

そして来年2008年もエムズをどうぞよろしくお願いいたします。
プチ幸せを感じて頂けるようにがんばります!(これは宣言しちゃいますよ。笑)
それではよいお年を!!


エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

東京タワー・エッフェル塔。


エッフェル塔ミニチュア


エムズにエッフェル塔のミニチュアが入荷してきました。
画像の小さい方です。
大きい方のは残念ながら商品ではなく、PARISに旅行した”ちーちゃん”に買ってきてもらったものです。
他にもカードやキーチェーンも入荷してきています。

ところで、東京タワーは1958年12月23日が正式オープン日で、
今日で満49歳になったそうです。
雑貨屋にはエッフェル塔グッズは入ってくるのですが~
東京タワー物は全く入ってきませんね・・・。
ちょっとかわいそうな気もしますが・・・。
東京タワーの置物だってなかなかかわいいですよね。
(お土産屋ルートでしか仕入れできないからかな??)

そんな東京タワーですが、最近映画に登場する事が何度もあって、
結構注目度高い感じですよね。
およそ50年前のタワーが作られていた昭和30年代の貧しくも生き生きしていた時代の懐かしさもあるでしょう。

私は生まれも育ちも都内ですが、東京タワーには1回しか登った事がありません。
それも、小学3年生位の時、夏休みに
”東京に住んでんのに一回も行った事ないよ!”と母に直訴して弟と一緒に連れて行ってもらいました。
その頃は、東京見物のお決まりスポットでしたからね~。
見学の印象は・・・あまり無いのです。
大展望台の床の一部がガラス張りになっていてそこに乗るのにかなり勇気が要った事位・・・。
まぁ~いっぺん行けばいいや~ってな感じで満足していたような・・・。

弟はその後、中学生位になって、友達と自転車を始めまして~
ロードレーサーみたいなチャリの部品買ったり、オーダーしたりしてそれを組み立てては乗るのです。
で、杉並区から芝の東京タワーまでチャリで行くのです。
都内は信号多くて距離以上にめちゃめちゃ時間もかかります。
それだけでも、かなりの体力だと今では信じられませんが~
中学生で、「お金は無いけど、体力はある」ので、タワーの階段を登るのです。
当時も大展望台は有料でしたが~階段で登るとタダなのです。(今はちがいますよ)
600段だかあるらしいのですが~
自分で登ったのではないので、どこからどこまで登れたのかははっきり判りません。
で、登りきると、記念にノートがもらえたのです。
それは、A5位の大きさの中綴じの結構ダサイノートです。
たしか~ブルーっぽい表紙に東京タワーを斜め下から見上げた図がついていたような・・・。
いちおう非売品で、登らないともらえないレア物(?)でした。
このノートを弟は何冊か持っていて私も1冊もらいました。
当時でさえ、”ノート1冊しかもらえないのに階段600段なんて絶対イヤだね”と私は思いました。

結構どうでもいいエピソードですが・・・。

東京タワーの照明の消灯をカップルで一緒に見ることができると、
そのカップルは永遠に幸せになれる・・・という都市伝説もありますね。

今でも”蝋人形館”は営業しているみたいですし、
なんだか行きたくなってきました。
ペナントとか”根性・友情・努力”の文字入り飾り物はあるのかな?

新東京タワーは墨田区に2011年竣工の予定で計画が進められています。
高さは610mだそうです。
義理の弟がその”新東京タワー”の仕事をしていますが、
新しいのが出来ちゃったら旧タワーは見劣りしちゃうのかな?
来年で50歳のタワー、すでにヘリテージングの対象でもありますね。
来年は数十年ぶりに見学に行ってみようかな?

追記情報です。
2008年1月初旬にPARISから届いた新着のエッフェル塔グッズが入荷いたします。
ミニサイズのエッフェル塔や画像の大きい方とほぼ同じサイズのものも!
東京タワーグッズは・・・入荷しませんが・・・。
お楽しみに!!

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

ボランティア1日休暇


仕事を1日お休みしてボランティアに行ってきました。
ボランティアというと、世の中の為にたいそうな事をしてきたように聞こえますが、
今回は、自分で行きたくて行ってきたものです。

つくばの”高エネルギー加速器研究機構”の敷地内で
八郷の茅葺き民家の屋根用の”茅”を刈るお手伝いに行ったのです。
高エネ研敷地内

筑波山をバックに物理学の最先端研究施設で茅葺き民家の屋根用のススキを刈るという、
なんともミスマッチ的なところがおもしろいです。

この日はエムズからも程近い、八郷地区の”やさと茅葺き屋根保存会”の活動として、
ボランティアの私は刈ったススキを束に集める仕事をやってきました。

草刈り機で刈ったススキを切り口を揃えるようにして集め、
紐で縛って、大きな束を作ります。
今年で4年目のこの活動は、
良質の茅が確保できるという事で、この施設内のものを刈らせてもらっているそうです。
茅というのは屋根に葺く植物の総称で、八郷など茨城ではススキを指すのがほとんどのようです。

茅葺きの屋根は植物を使っているので、
毎年茅を足したり、痛んだ部分を定期的に交換するなど、多くの茅が必要です。
今ではその茅を確保するのも結構難しいそうで、
この保存会の活動は、八郷地区のみでなく県内他の地域や県外からも注目され、
今年は昨年の二倍の茅の刈り取りが必要との事でした。
茅集め

私も朝から お手伝いに行きましたが、
この日は約30人の方が12月だというのに汗だくになって働いていました。
ボランティアの他に茅葺きの民家の所有者の方、茅葺き屋根の職人さん、学生さんなど
みんな、茅葺きの住宅の保存を熱心に考えているひとたちばかりです。

私もつい、最近まで知らなかったのですが、
八郷地区には茅葺きの民家が約70も現存し、今も住居等として使われているものが多数です。
しかし、点在しているので、意外と知られていないようなのです。
また、八郷や筑波山周辺の茅葺きに関しては、「筑波流」という高度な技術の元に作られた、芸術品と言っても良いくらいの装飾性・完成度の高いもので、
単に瓦のかわりに植物を葺いたなんて、思っていたら大間違いのすばらしいものなのです。

この筑波流の茅葺き屋根が、茅の確保、職人さんの高齢化などから消えつつあるのが現状です。
茅の確保は、この保存会の活動で、ちょっとは見通しが立っているのかもしれませんが、
高度な技術を受け継ぐ茅葺き職人の若手の育成がなんとも難しい現状だと言う事です。

私としては、白川郷の合掌造りが世界遺産なら八郷の茅葺き屋根も”茅葺きのグレード”じゃ負けていないよ!と思うくらいで、
なんとも、じっとしていられない気分になってしまいました・・・。
でも~できるのはせいぜい茅刈りのボランティアなんですけどね・・・。

それでも茅葺き住宅所有者の方に
”お昼出すくらいしかできねぇのに、こんな大変な茅刈りによく来てくれると思うよ~”
と言われ、喜ばれて、役に立っているなら、本当にうれしく思うのです。
休憩の時間には
”そんなとこさ、いないで、これでも食べて!”とお菓子をどさどさ渡して下さったり、
”茅のボロっだけっど、夏は涼しいよ~。扇風機なんてつい最近まで無かったんだかぁ”
と究極のエコロジー住宅の住み心地のお話なども聞けました。
いやいや、茅の屋根を維持するのには、確固たる信念と努力、それにお金もかかります。
ちょっとやそっとではできたもんではないのは承知です。

また、みんなに知ってもらいたい八郷の茅葺き民家ではありますが、
石岡市が地図を作って紹介すれば、
中には私邸であるにも関わらず、勝手に敷地内に入って見学してしまうような不心得者もいるそうです。
ここも難しい所ですが、声かけて許可をもらっての見学ならいいんだよ、という所有者の方もいらっしゃいました。
トラックに積んで

茅葺き屋根の保存には色々な課題がまだまだ山積だと感じましたが、
まずは、私に出来ることはなんだろう?
今日はとりあえず、茅を集めて束にしまくる事です・・・。

トラックに満載となった茅の束ですが、
この束から本当に屋根の上に葺かれるのはごく一部だそうです。
今年は6日間刈り取り作業が行われるものの、注文もらっている数量を刈り切れない位
茅の需要はあるそうです。

自分の住んでいる地域のそばにこんなすばらしい文化があって、
それが存続の危機に面しているという事、
知らなければ済んでしまうのでしょうが、
失われてから知っても、取り返せないもののひとつだと感じました。
急げばまだ、間に合うかも。
まず、知る事が大切です。

これからも出来るお手伝いはやるぞ!!となんだか燃えてしまった12月のある日でした。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

鹿島アントラーズ優勝!!


優勝のスコア!!

今日はいい日曜日・・・。
天気も良かったけど、
それよりなにより、昨日鹿島アントラーズが優勝して
その余韻に浸る幸せな一日でした・・・。

昨日はさすがにお店を休む訳にはいかず、私は留守番でしたが~
店長が友人と鹿島スタジアムに行ってきました!!
はぁ~うらやますぎる試合観戦でした・・・。

最終戦までもつれたリーグ優勝、
リーグじゃダメそうだから、悲願の10冠目は元旦に!!と思っていましたよ。
それが、12月に達成できてしまって、うれしいのなんの。

しかしですね~。
留守番の私もアントラーズのサポですよ。
もう、仕事にならない~~~な状況で・・・。
(でもちゃんと仕事はしましたけどね・・・でも心そこにあらずだったかも?)
お店に小さいTVがあるのですがBSは映らないので、レッズ戦をつけてました。(お客様がいらっしゃると消します・・・)
で、パソコンでアントラーズのライブ放送とレッズ戦のスコアも表示して・・・
もう、いつレッズに得点が入るかとヒヤヒヤもんで心臓バクバクでした。

ま、終わってみればこのような最高の結果となりまして。
うれしいの一言。
アントラーズ対エスパルス

店長たちはチケットの受け取りに手間取って、今回は初めて2階のサポーター席で観戦したそうです。
サポーター席で応援しながら観るのや、スタンドでじっくり観るなどサッカーの楽しみ方は色々ですが、
鹿島スタジアムのサポーター席一度入ると、アドレナリン噴出でヤミツキになりますよ~。
本山選手インタビュー

茨城にはこんないいサッカー専用スタジアムがあって、
すばらしいチームがあるのですから、
もっと県民の皆さんにはサッカーに行って欲しいですよね~。
いや、県外の方もぜひぜひ。
ゴール裏

ついでに、鹿島スタジアムは食べ物が色々あって おいしいのでも他のスタジアムと格段の差をつけています。(笑)
たまに”スタジアムのあれ、食べに行きたいな~”なんて事も。
サワー売り場

面白いメニューもありますし。

今回は応援に行かれなかった私なので、ぜひ元旦には国立競技場に行きたいと思います。
それには・・・アントラーズ~天皇杯勝ち進んでくれ~~。
エムズは1月1日~3日はお休みです。

この他サッカーに関するネタ(?)は
エムズのサイト内の日記の2006年5.6月あたりに色々書いてあります。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。