スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザーカットのスノーフレーク


2007

今年の新着クリスマスグッズの中で、
私のおすすめ品をご紹介します。
画像のある”雪の結晶のオーナメント”です。

やや厚手のフェルトのような素材でできています。
このようなフェルトの型抜きモチーフは3年位前からずいぶん増えました。
質の良いカッターで作れるようになったみたいですが、
今年の新着は更に進化しています。
今まではプレス式のカッターでできていたと思うのですが、
今年のものはレーザーでカットしてあるのです。
今までのものよりもっと細かい部分まできれいに抜いてあるのです。

雪の結晶のモチーフは細かいほどきれいですから、
今年のは本当に素敵です。
スノーフレークリング

でも、レーザーで焼ききっているので、たま~にちょっと焦げっぽいお色になってる部分があります。
まぁ、ほとんど目立ちませんが。
それと、抜いた部分が取りきれていなくてちょっと残っている事もあります。
でもそれは自分でピンセットで取れば大丈夫です。(ほんのちょっとですから)

今回販売しているものは、大きさなど色々です。
紐がついているものと何もついていないモチーフだけのものもあります。
紐が無くてもテグスや糸を付ければツリーに飾る事もできますし、
もっと簡単にしたい場合はワイヤーを使うといいですね。
ツリーだけでなく、窓辺に長さ違いで下げてもかわいいですし、
小さなモチーフはクラフト材料としても便利です。
ラッピングの飾りにもいいですし、シールみたいに貼っても。

クリスマスカラーは赤・緑が最もポピュラーですが、今年のエムズのクリスマスにはほとんどその色は使っていません。
このスノーフレークのオーナメントも白だけを扱っています。
色はシンプルですが、シックでやさしいクリスマスが演出できると思います。

素敵な雪の結晶をアイディアで色々と使ってくださいね。
webサイトでもご紹介しております。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

明日からクリスマス・・・。


ツリー1

今日は水曜日の店休日でした。
でも、今日は出勤して、明日からの”クリスマス”の準備をしましたよ。
エムズのクリスマスは毎年10月後半からの2ヶ月です。
クリスマスツリーを飾って、クリスマス用の商品を扱います。

今日はツリーを飾って、クリスマス商品をディスプレイしました。
と、言ってもクリスマス用の商品は
まだまだ、入荷がはじまったばかりなので~
これからも到着しますから、始まりは一部で、なのです。

エムズを開店した頃はクリスマス用品を売っているお店も少なくて、
その分、期待が大きかったので、
お店の半分はクリスマス商品にしていましたね~
今では100円ショップにもクリスマスグッズがある位ですから、
やはり、そこは、エムズならでは、のお品を、と
毎年テーマを決めたり、最新のものをセレクトしています。
また、ブログで、そんなこだわりのクリスマス用品はご紹介するつもりですが、
今日は一足早く飾ったばかりのツリーの画像をつけておきますね。
オーナメント

今年のクリスマスツリーのオーナメントは全部手作りです。
松ぼっくりにリネンの裂き布とラフィアをつけたもの、
リネン生地にクリスマスモチーフをスタンプした丸いミニクッション、
それにコットンテープにひいらぎの葉がスタンプしてあるリボンなどです。
「リネン・ナチュラル」がテーマのツリーです。
人気のナチュラルなハンドメイドタッチで、簡単に作れるオーナメントにしてみました。

後ほど、webサイトの方にオーナメントの作り方なども掲載予定です。
画像がよく見えませんが~
これは実物をショップに来てぜひご覧ください、と言う意味です(なんちゃって~)
いやいや、あまり良く撮れていなかっただけです・・・。
webサイトはクリスマス用品などのご紹介も含めて、今週中には更新いたしますので、もうしばらくお待ちください。
ショップは明日から販売スタートです。
季節商品の為、再入荷しないものがほとんどですし、
どちらも入荷数は少なめなので、お早めにご来店くださいませ。

皆さんも手作りのある楽しいクリスマスを、今からはじめましょう!
ツリー2


エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

秋の好きなものは・・・。


秋はおいしいものが多くて困った季節です(笑)
中でも好きなのがです。
栗のお菓子も好きですし、栗ご飯も好き。

しかし・・・栗っていうのはなかなか厄介なものです。
食べるまでがめんどくさいです。
茹で栗でさえ、むいて食べるのに手間がかかります。
増して、栗ご飯なんて生栗をむいてそれをお米と炊く・・・。
栗をむくという行為ですでに「栗食べたい」という気力が負けてしまう事も・・・。

それと・・・栗には恐ろしい事がよく起こります・・・。
中に虫さんが~~~いるんです~~~。
なので、生栗をむく時はかなり覚悟が要ります。
茹でてあれば、すでに死亡しているので、動いているお姿は見ないですみますが・・・
見た目OKの丸々した大きな栗の中からこれまたでっかいイモムシ(?)が登場すると、思わず栗を投げ出したくなります・・・泣。

と、言うことで、栗食べたいけど~腰が引けます。

しかし、この間のお休みの日”八郷産”の栗を買いました。農家の皆さんが直接持ってくる農産物直売所で。

栗と言うのはとても虫の付きやすい実だそうで、
虫なしの栗を育てるには相当量の農薬散布が必要なんだそうです。
なので、虫を見たくなければ、農薬も摂取覚悟なら言い訳です。
でもそれは・・・体によくないですし、栗の味も落ちそうな・・・。

農家で、自家用などに庭に植えてる栗の木には農薬は撒かないとも聞きました。
ならば、虫さんとご対面も心の準備と安全を考えれば許す。

で、買った栗をどうしようか??と
今年はどうしても自分でモンブランを作って食べたかったのです。
一応マロンクリームも(瓶詰めの)ありますが、
せっかくだから自分で作ろうと栗をさっと茹でて(水につける代わりです)
剥き開始!
およそ1キロの栗は1個づつ剥くと時間かかる・・・。
何度も虫さんとご対面もしました・・・。
虫さんのいらっしゃる栗は大幅にカットするか、さよならしていきます。

ついでに甘露煮も作るので、1キロ全量をなるべく丸のままむく様にします。
小さなナイフを使っていますが、人差し指にマメできちゃいましたよ・・。
やっぱり栗々坊主とかいう専用の剥きナイフが要るかな??
それでも全部むき終って、甘く煮たりしました。

そして食べてみます。
あ~やっぱりおいしい~~。
栗は木の実ですからカロリーもそれなりに高いのでしょうが、
このおいしさ・・・「そんなの関係ね~!」ってやつです。

またひとつ「スローフードな秋」でした。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

栗茹で茹で中

シソの実の塩漬け


庭の紫蘇畑?

今年は色々な漬物やジャムを作りました。
どちらの材料も添加物無し、農薬なしの自家栽培のものがメインです。
安全な食べ物を自分で作る。
手間はかかりますが、おいしさ上々のスローライフですね。

夏前に漬けた”梅干し”は土用干しして今、寝かし中です。
その時にできた梅干し以外の梅酢、
赤紫蘇が入った真っ赤な梅酢は自家製の”しば漬け”の素になります。
売っているしば漬けより梅の香りのするおいしい漬物になります。
まだやってませんが、赤紫蘇は乾燥させてパラパラにすると”ゆかり粉”に。
本当に梅干し作りは無駄が出ません。

そして、夏中大活躍した庭の大葉・・・青シソですが、
これもまだまだワサワサと茂っていました。
うちの家族は”大葉”が大好きなので、よく料理に使うのですが、
こんなに茂った大葉ももうすぐ、花が咲き、種ができ、そして枯れてしまいます・・・。
なんとか保存できないのかな~???と
調べてみたら、葉っぱをレンジで乾かして”ドライ大葉”にして取って置くという保存法を見つけました。
早速試してみるものの・・・やっぱし色は変わっちゃうし、香りも落ちる。食感は・・・ダメです。
一応”ドライバジル”同様に作ってはみましたが・・・納得いくものではありませんでした・・・。
それじゃ~他には?と探してみたら、実シソの佃煮とか実シソ塩漬けとかが見つかりました。
塩漬けの方がなんかだか使えそうに思いましたので試す事にしました。
穂シソ

穂の部分を摘みます。それも花が数個残ったようなまだ、柔らかいものの方がおいしいそうです。
それをきれいに洗います。無農薬なので小さな虫が止まってる事もあります。
そしてその穂から実の部分をしごきとります。
この時、シソの灰汁がものすご~く出て指先が黒くなっちゃうんです・・・。(2回目の時は手袋しましたよ)
穂からしごき取るのは面倒ですが、穂先から根元方向にしごくと取りやすいのです。
柔らかいと茎が千切れやすいのですが、ひたすら取りまくります。
実シソ

全部取れたら、お鍋に湯を沸かし、さっと茹でるのです。
これは保存用の雑菌処理と灰汁抜きを兼ねてです。
ザルに取ったら、冷ましてきつく絞ります。
それを漬物用の器に入れて10~20%の塩を加えて混ぜます。
塩漬け

塩加減は好みで20%はかなり塩辛く、保存用とすれば1年以上持つとか(冷蔵庫で)
私は10%強でまず、お試し分を。
重しをして冷蔵庫で3日ほど漬ければ出来上がりです。
漬け漬け中~

でも、待てなくて2日でつまみ食いしてみたら・・・
食感はあるし、香りもいいです。色もきれいな緑色!!
なんか~おいしいかも~~!!
出来上がったものをゴマと一緒におむすびに混ぜてみました。
家族に食べてもらった所”うまい!!”
これ、大成功ですよ~。
実シソおむすび

今まで穂ジソは放置してました・・・すでに5年位放置してました。
ちりめんじゃことかと混ぜてもおいしそう。
青唐辛子を刻んだのと混ぜて薬味にも良さそう。
トッピング用にも~。

お試し版ですっかり気を良くした私はその後庭から穂先500本を収穫し、1時間かけて実を取り、約600グラム漬けました~。
でもまだまだ穂は残ってますから来年また、こぼれ種から生えるでしょう。

思いがけずにおいしいものが手作りできちゃって、
なんだか、色々料理したい気分になってきました。
今年は「スローフードな秋」の私です。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

第76回土浦全国花火競技大会


土浦の花火1

10月6日の土曜日、お天気にも恵まれ、今年も全国花火競技大会が開催されました。
私はお店を閉めてから車で自宅に帰り、自宅から自転車で、田中の田んぼの辺りまで見にいきました。

エムズを閉店してからだともう、花火大会は始まっているのですが、
旧6号国道がめちゃめちゃ混んでいました・・・。
中貫のバイパスとの分岐あたりから土浦方面に向かって全く車が動かないので、脇道からバイパス(6号国道)の側道を通って家に帰りました。
こんなに混んでいるのは見た事がありません。
昨年は集中豪雨の後で、1週間延期になったりしましたし、
5年位前でしたっけ?NHKでTV中継されてから一段と混雑するようにもなりましたので、
もう、”田舎の花火大会”というレベルではありませんね。
土浦の花火2

3時過ぎに土浦方面に向かう車も”水戸”や”いわき””宇都宮”などの県外ナンバーが多かったです。

夕方以降は自転車での移動が一番スムーズだと思います。
河川敷のあたりだと自転車もじゃまな位ですが、私が行ったのは打ち上げ場から1キロ位の距離の田んぼの脇の道路。
と、言っても周りは車でびっちり停まり、人が歩道の縁石に座って並んでいました。
土浦の花火3

花火は約2時間半の打ち上げですが、その時間の間もどんどん冷えて寒くなってきました。
私たちはもう、慣れているので、今秋初めてのフリースを着て、
ひざ掛けも持っての見物でしたが、
隣の家族連れのお父さんは半袖で”寒い~”と言っていました。
たしかに、帰ろうと思って自転車のサドルを触ったら、冷気で結露を起こし濡れていましたよ。
急激に冷えてきたのですね。
土浦の花火4

花火はやはり、すばらしい芸術品です。
なるべく近くで見るのが最高です。
頭の上に降って来そうな大きな花火、お腹にドンと響く大きな音、
迫力満点の感動ですよ~。(いや本当に)
土浦に住んでいてよかったな~と思います。
土浦の花火5

写真も色々撮ってみましたが・・・
やはりライブで見る美しさや迫力は全然伝わらないと思います。
なんていってもハイレベルの技術結集、世界一の花火大会ですから、
まだ、見た事ない~という方は絶対、見た方がいいですよ~。
意外と妙に近いからか、つくばや石岡あたりの方が”見た事ない”と聞きます。
損してますね~。
土浦の花火6

お弁当を持ったり売店で買ったり、それぞれ楽しみながらの花火見物、
来年が待ち遠しい位です。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

金木犀の香りする、全国花火競技会


煙花火

今日はまずますのお天気となり、
エムズのお隣さんの金木犀も、
自宅庭の金木犀もいい香りを漂わせています。
そして、今日の土浦の花火大会に向けて近辺の道路は
午前中から渋滞してます。

土浦の花火大会は季節はずれな10月の最初の土曜日に開催されます。
これは、単なる”花火大会”ではなくて、
花火を作っている会社がそれぞれ自慢の花火を用意して競い合う「全国花火競技大会」だからです。
直径30cm、通称尺玉という大きな打ち上げ花火「10号玉」の部と
「創造花火」というちょっと変わった形などの花火の部、
それに連発花火の「スターマイン」の部
の三部門で競技・審査が行われます。

土浦の花火と秋田の大曲の花火が”花火競技会”としては大規模で、
このふたつの花火を見てしまったら、他のどんな花火大会もセコク感じてしまう位です。

日本の花火は色・形・大きさ、どれを取っても世界一。
つまり~土浦の花火大会は実質「世界一の花火大会」でしょうね~。

特に連発花火のスターマインは秋田では競技に入っていない為、
土浦でしか、ハイグレードなものを連続で見ることは出来ないのです。

秋田には煙に色のついた「昼間花火」の競技があるそうです。
今日昼過ぎに高津のあたりを車で通りかかって、見ましたよ。
画像がそれです。(車内からとったので、あまり良く撮れていませんが・・・)
土浦でも少し昼間のうちに打ち上げていますね。

今日は何十万人もの人がこの花火大会を見に来ます。
なので、道路はどこも午前中からかなり混んでいます。
屋台などもすっごくたくさん出ます。
屋台コーナー

それに毎年、花火見物の場所取りがすごいんです!
もう、5月頃から歩道とか河川敷とか えっ!?こんな所に!!
と思われる場所が杭やロープでキープされていました・・・。
さすがにあまりの加熱振りに今年は大会本部で全ての場所取りを撤去。
場所取りが解禁されたのは昨日の正午です。
なんでも来年からは有料にすると言う案もあるそうです。
まぁ翌日のゴミの処理とか車や人の誘導だけでもものすごい経費がかかっているでしょうから仕方ない気もします・・・。

昔はもっとのんびりした花火大会でしたが
数年前にNHKで中継されてからめちゃめちゃ加熱したように思います。

私が土浦に来た頃はまだまだ花火の打ち上げもコンピュータ化されてはいなかったのか、
花火と花火の間がかなり開いていまして”次まだ~??”ってな感じでしたが・・・。
今じゃスターマインの音楽付きがあったり花火師さんの手作業じゃ無理な連発もコンピューター制御でできちゃいますから。
格段にグレードは上がったとは思います。

車で見物に来られる方は帰りの渋滞が恐ろしいです。
高速に乗るまでに3時間とか有ですから。

ここで来年行こうかな?と(今年はもう遅いから)言う方に。
千代田インターで高速を降り、
神立駅付近の1日貸し駐車場に車を停めて、
電車で1駅土浦まで行きそこからシャトルバスで花火を見に行く。
帰りはその反対です。
車の渋滞にはまらずに済みます。
もちろん、神立駅に車を停める前にはエムズに寄りましょう~。

私もお店が終わったら自宅から自転車で行かれる所まで花火をみに行ってみようと思ってます。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

郵便局民営化4日目


茅葺き屋根と彼岸花


遂に郵便局が民営化されました。
今日で4日目です。

エムズのお店ではインターネット販売の際、郵便局を色々と利用していました。
代金をお客様にお振込み頂くのに、
郵便局の口座はよく使われますし、
お荷物は現在、郵便局利用の発送がほとんどです。

ゆうぱっくやエクスパック、普通郵便も場合によっては使いますので、
毎日郵便局のおじさんやお兄さんが荷物を取りに来てくれます。

今日は、エムズに集荷に来てくれる担当の中でもややご年配の方が来てくださいました。
10月1日から、システムが変わり、
ゆうぱっくの受付は入力端末で、サイズや配達条件を入れていく方式になりました。
端末とプリンターを持って、お店に入って来られましたが、
1日に来られた別の担当の方もかなり入力に苦戦していました。
今日は、更にお年が上の方で、
正直、このような電子端末は苦手そ~な感じです。
私も端末を覗いてフォローしたのですが、
出てくる表示に知らない言葉があり(郵便局の専門用語でしょうか?)
なんのこっちゃ?と思う所も・・・。
結局、郵便局に携帯電話で電話しながら入力しましたが・・・
その前に散々チャレンジした分が消去できなくて金額がへんちくりんになってしまいました・・・。
約20分チャレンジしたものの、
おじさんは遂にあきらめて、今まで通りの手書きの伝票で対応する事にしました・・・。
もう、おじさん汗だくです・・・。
聞いてみたところ、事前に端末の詳しい研修とかは無かったそうなのです。
多分・・・超簡単な説明で、
「出てくる順番に入力すればできっから」(と、茨城弁)そんなもんなのでは???

エムズにはヤマト運輸さんも来るのですが~
ヤマト運輸のお兄さんたちは挨拶も対応も説明もかなりきっちりです。
ちゃんと研修を受けてから、お客さんの所に来ていますね。

郵便局も、正念場でしょう。
今までのようなてきと~~なお仕事ではクレームの嵐となるでしょう。
「お役所だからだめだっぺよ」(再度、茨城弁)
は通用しません・・・。

それにしてもおじさんが気の毒になりました・・・。
帰ってから怒られていなだろうな~?
ちゃんと教えて、機械が使えるようにしないのが変なのであって、
帰ってから年下の上司に「なんでできないのよ!」とか言われていないだろうか・・・。

今までの職員→社員になった方にはなるべく暖かい目で、と思いつつ、
いい加減な「日本郵便」には厳しい目も必要です。

エムズ エンポーりアムのサイトはこちら

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。