スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島・アンナガーデン


アンナガーデン

私はお休みをもらって、友人達と福島にプチ旅行に行ってきました。
女友達とののんびり旅行です。
おいしいものを食べたり、温泉に入ったり、
のんびり歩いたり、買い物したりの
まさに「マダムの休日」えっ!?・・・おばさんの観光旅行?

昨日は「アンナ・ガーデン」と言う所に行ってみました。
観光施設ではありますが、
子供向けではなく、大人向け。
イギリス式の教会中心にホールやショップが色々集まっています。
花や木々がきれいな敷地で、のんびり散策しながらお買い物ができます。

教会の中は結婚式の準備が整えられていました。
バージンロードが白布で整えられ、
花が飾られていました。
ステンドグラスは200年も前の英国教会から移築されたものだそうです。
アンナ教会

残念ながら花嫁さんは見られませんでしたが~
こんなすてきな教会で結婚式・・・いいですね~。

福島のここは茨城より2週間位花が遅い感じで、
茨城ではもう終わってしまった花も咲いていました。
お天気はうっすらとした曇りで暑くなく、散策にはぴったり。
私も友人も焼き物を買ったり、
アンティーク家具を見たりのんびり楽しみました。
フラワーファウンテン

なかなか子供と一緒だとこんなのんびりした旅行はできませんが、
今回は久しぶりに子供抜きで、女友達だけで、と言うのがよかったです。

みんな、仕事を休んでのお出かけだったので、
帰った後はお仕事がんばって、またお出かけしようね、と。

火曜日はお休み頂きましたが、木曜日からがんばっておりま~す!

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら
スポンサーサイト

こわれ物注意!!


こわれもの注意!

エムズに入荷してくる商品は、ダンボール箱に入れられて運送屋さんが運んでくる物が多いです。
大きなダンボール箱に雑貨が色々満載です。
ファブリック商品もガラスもあります。
もちろん 「こわれもの」とか「上積み厳禁」 など注意のスッテカーが貼られています。

中身もそれぞれ、箱などに入れられてはいますが、
やはり、ガラスや陶器が多いと心配です。

問屋さんの中には画像のようにかわいいイラストを描いて注意を促してくれる所もあります。
担当さんが描くのかな?
今回は目玉おやじが描かれていました~。
以前、岐阜県の焼き物どころに買い付けに何度か行きました。
お皿を何十枚とか送る時、割れないようにするには~
素人は一枚づつ紙で包んで、箱に入れるとか~思っちゃいますよね。
でもプロの梱包は違うのです・・・。
何十枚も・・・そうですね、高さで50cm位重ねたお皿を紐で縛るだけなのです。
十字に上から下までかけて、途中横にも紐が渡されますが、
そんな難しい紐の掛け方ではないものの、
特別な縛り方がありました。
私も教えてもらってやってみましたが、
お皿ならうまく縛れましたよ。(さすがにボウルのようなものは難しいです)
本当にしっかりがっちりしていてズレないのです。
これをせいぜい、まわりにダンボールでくるむ位で、そのまんまトラックに載せてしまうのです。
そういえばば、中央にエムズがあった頃、隣のヤマハルさんにはそんな梱包をされた陶器がよく届けられていましたね。

大きな重いダンボール箱をエムズのお店の中に届けてくれる運送屋さんのお兄さんもものすごい力持ちだと感心しますが~

お店に並べられる雑貨はその前に壊れないようにと、
色々な人の技や気配りの元に届けられているのですよね。

輸入物の場合、現地の新聞紙が詰められている事もあって、
読めない文字のものとかもあります。
元々クローバーのは詰め物として使われていたから”シロツメクサ”ですが、
エムズにはタガログ語の新聞やアラビア語の新聞が”ツメシンブン"

せっかく届いた雑貨がお店に並べられる事無く"破損品処分”になるのは悲しいでから・・・。
もちろん、web販売などで、割れ物をお買い上げ頂く際もきちんとお届けできるように梱包には注意しています。
プレゼントをお送りする時もご安心ください。

今回は目玉おやじのおかげでガラスも全部OKでした!!

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

フレンチレトロポストカード


フレンチポストカード

ポストカードはいつも人気の商品です。
その時期のトレンドで、動物や花の写真のものが人気だったり、
最近はサヴィニャックやモルバンのイラストが好評です。

エムズでは店長手作りの木箱に入れて販売しているだけなので、
あまり積極的に売っていると言い難いのですが~
それは、”これだ~!!”という超おすすめのものがわりと少ないからです。
ポストカードなので、お友達に一言添えて送るのはもちろんですが、
エムズでは「雑貨と一緒に飾れる」ポストカードをセレクトの条件にもしています。
今回入荷したフランス製のポストカードは久々に”これだ!”です。

アンティークで見かけるような
レトロなこどもたちのイラストものです。
遊んだり、いたずらしたり、子供の日常風景が素敵なイラストになっています。
アンティーク仕上げのフレームに入れてみました。

フレームに入れて・・・

なかなか素敵です。
イラストのレトロな感じとフレームがぴったりです。
もっとカードを古っぽく見せたいなら
すこーしだけわざと汚してもいいかもしれません。
全体を紅茶を染ませた布でこすってみるとか。
カードを日向に置いて少々日焼けさせてみるとか。

デコパージュのように箱などに貼って使ってもいいかもしれません。
(木箱などに貼り付けて専用のシーラーを塗ります)

ただのポストカードかもしれませんが、
ちょっと工夫すればもっとたのしい使い方が思い浮かびますね。
お値段も安い物なので、思い切って色々試してよさそうです。

今回は約10種類入荷しました。1枚170円
レジカウンターの横の木箱にひっそり入っています。
お気に入りのイラストを見つけてくださいね。
(webサイトでは販売いたしておりません。)

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

サイザル麻かごバック


サイザルかごバック


モロッコのマルシェかごもナチュラルスタイルの生活にはすっかり定番となりました。
昨年あたりから、人気急上昇しているのは、
ケニア製のサイザルバックです。
細いサイザル麻をハンドメイドで編んだ物で、
とても手の込んだ仕上がりとなっています。
とにかく手間のかかる細かい編地ですから、
作るのも大変だと思います。
これが日本製だったら・・・びっくりする位の高額商品になってしまうのでしょうね・・・。
ケニアで作られているから・・・このお値段なのだと思います。
(ものすごく物価が違いますので・・・。
ずいぶん前ですが友人がナイロビのカジノで大負けして死にたくなったように話していました、が~実は日本円にしたら1000円位の負けであったそうです・・・)

夏はかごバックが持ちたくなりますね。
マルシェもいいですが、今年はこのサイザルかごバックがおすすめです。
しかし・・・なにせ遠くアフリカからやってくる商品です・・・。
売り切れたから再発注!っていうのが簡単ではありません。
ハンドメイドなので、すぐに納品って訳にもいきません。
今年は注意して、在庫を持っていましたのに、
すでにどの色もわずかしかありません!
欲しいな~とお考えの方はぜひぜひお早めに。

エムズでは年間通してモロッコのマルシェ同様にお取り扱いしていますが、
春~夏は明るめのお色、秋~冬は濃い目のお色が人気です。
冬でもかごバック!という方意外と多いのですよ。
こげ茶色などは一年中人気です。(汚れも目立たないとか・・・)

こちらのサイザルかごのご使用時の注意点
まず、濡らさない事です。
特に雨の時お気をつけ下さい。
染めた天然素材は色落ちしない染色方法がまだありません。
塗れると色落ちしたり、白っぽいお洋服に色移りしたり が考えられます。
摩擦でも色移りの可能性がありますので、白いスカートに濃い目のお色のバックは注意が必要です。

リネンやコットン素材のウェアに良く似合うすてきなバックですから、
トラブルが無いように 上手にお使いくださいませ。

プレーンな無地のもの、
ハンドルが皮製のもの、
本体にアクセントのラインが入ったものなど色々ございます。
サイズもハンドメイドの為、多少の前後があります。

画像のプレーンタイプは各色共w約30cm本体H約22cm 4800円です。

本日少量ですが、追加入荷してきました。
今年は大人気で、在庫の確保が難しいのです。
画像の3色は揃っておりま~す。
2007年5月23日更新

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

全部手作りフルーツケーキ


ホームメイドフルーツケーキ


エムズのお近くにお住まいのTさんは
フルーツケーキ作りの名人です。
昨日もエムズに寄ってくださって、
お買い物してちょっとおしゃべりして、またまたケーキを頂いてしまいました!!

前にも日記に書いたことがありましたが、
とにかくTさんのケーキは全部手作りです。
中のシロップやお酒に漬けたフルーツも全部ホームメイドなのです。
ブランデーじゃなくて、梅酒にフルーツを漬けて作るというのは前にも聞きましたが、
それだけじゃなくフルーツの砂糖漬けも作っていらっしゃるそうです。
オレンジピールのかわりにボンタンの皮をアク抜きして砂糖で煮て、さらにグラニュー糖をまぶしてというのも使っているそうです。
ブランデーじゃなくて梅酒なところやオレンジじゃないピールを使う所など、
Tさんならではのレシピが味がまろやかで より、フルーティーなのかも。
ケーキ屋さんのフルーツケーキより格段においしいのです!
しっとりしているのもいいのです。


Tさんはもう成人したお孫さんもいるおばあちゃまでもあるのですが、
とってもおしゃれで、ケーキのラッピングも素敵にして持って来てくださいます。
私に「すてきな包み方を教えて下さいね」とおっしゃられましたが、
カラーのホイルペーパーでキャンディー包みにしてあって
完璧かわいいラッピングです。
フルーツケーキラッピング

おいしい手作りケーキがこんなにかわいくラッピングされてプレゼントされると本当にうれしいですよね。

私もたまにシフォンケーキを焼きますが、
中のフルーツ漬けまで作るような手間のかかるお菓子は作った事がありません。
せいぜい、ナッツを買って入れるとかその位です。
お菓子作りは基本的に手間がかかるものですが、
このフルーツケーキは本当に時間と手間がたっぷりかかっています。
だからこそ、こんなにおいしいだろうな~と。

スローフードが見直されていますが、
やはり時間をかけて食べ物を作るという事は、
心に余裕がないとできないですね。
おいしいケーキを頂きながら、毎日時間に追われて料理をやっつけ作ってる自分の食生活を反省しつつ
そんな風になりたいなぁ~と思いました。

フルーツいっぱいの100%ホームメイドケーキは
甘くてピールが効いたお味でした。
 
フルーツいっぱい!!


エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

ヘリテージング


エムズのある下稲吉は、
土浦市とかすみがうら市の境のすぐそばです。
このあたりは、工業団地もありますが、果樹園や畑も多い地域でもあります。
すぐ近くには大きな古い農家などもあって、建物好きな私にはなかなか楽しい場所でもあるのです。
それは、ここに限った事ではなく、土浦でも、石岡でも茨城ではあちらこちらで結構見られるのです。
しかし、実家のある杉並区などは古いお屋敷がどんどん壊され、
細分化してちいさな建売住宅やマンションになってしまって、
なんだか寂しい感じです。

最近知った言葉で「ヘリテージング」というのがあります。
これはHeritage→”近代遺産”にingを付けた造語で、
意味は明治・大正などの近代建築を美しい・懐かしい感覚で鑑賞する(観光する)事です。
私が好きなのはまさこれでしょうか~。
ヘリテージングはなんとなく、洋風な建物が中心に思われがちですが、
いやいや、古い日本建築も、昭和初期のなんてことない木造建築だって
結構面白いもんです。

これからどんどん壊されてしまうであろう、近代遺産というほどでもないけれど、かわいい建物ってありますよね。
茨城のそんな古くて懐かしい建物を写真に撮って、
たまにこのブログでご紹介したいと思います。

アンティークテイストの雑貨が好きな方、
古い建物もお好きではありませんか?
まだまだそんな見所たっぷりのスポットが茨城には残ってるのは、ラッキーです。
保存されそうも無い古い一般住宅や商店だってそんな「ヘリテージング」感覚で見るとても興味深いのです。
やまぼうしの花


画像はエムズのお隣さんのお庭のやまぼうしの花です。
花びらのように見えるのは実は苞で真ん中の丸いところにちいさな20~30個集まっているのが花だそうです。
薄緑色で清楚にひっそりと咲いて、
5月のすがすがしさを感じる花です。 

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

青梅すくすく。


庭の梅の木に今年も沢山の梅の実が生っています。
梅の実5月12日

昨年も沢山の実をつけて、
おじいちゃんが梅酒を漬けましたが、
それでも大量に余ったので、
初めて自宅の庭の梅の実を使って梅干しを作ってみました。
昔風のしょっぱい梅干しが好きなうちの家族なので、
自家製の塩だけで漬けた梅干は大好評です。
友達にも「売ってるのよりしょっぱいよ~」と分けてあげたところ
おいしいと好評でした。
今年も沢山実が生ってるよとメールしたら、期待されてしまいました。

今年はどれだけ収穫できるか判りませんが、
(途中で結構な数の実が落ちてしまうので~)
まだまだ、沢山ついているのが見えますし、
それに実1個のサイズがかなり大きいのです。
今までは、こんなに毎年沢山の実が生らなかったのですが、
日当たり良くなったおかげか、だんだん収穫量が増えてきました。

雑貨屋ですから、梅干しを漬ける瓶にはちょっとこだわっています。
昔は梅干しと言えば”カメ”で漬けていたように思いますが、今は雑菌が入らないように、カメでなく密封瓶で漬けるのが主流です。
大き目の瓶と言う事で、私はエムズでも売っている
「ピーナッツジャー」を使っています。
リサイクルガラス製の素朴で素敵なデザインのもので、
お米も5kgは入るので、米びつ代わりにも良く売れます。
これなら梅の実4キロ位は多分入りますね。
見えるところに置いておいてもこの瓶ならOKです。
もちろん、梅酒にもOKですよ。(画像は昨年の梅漬け中のものです)
ピーナツジャーは1890円で発売中です。
ピーナツジャーの梅干し


昨年の間は「来年は南高梅を買って梅干し作ろう」なんて、
家族と話していたから梅の木が奮起しちゃったのでしょうか?
本当に沢山の実がついています。
せっかくできた大きな実はおいしい梅干しにしてあげなくちゃね。

まだまだ、梅干用の熟した梅になるまでは約1ヶ月はかかりますが、
すくすく育って大きな実になって欲しいです。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

カルミアの花咲きました。


カルミア

以前の日記にも書いたことがあったかもしれませんが、
このカルミアの花、初めて見たのは知人が、
「エムズのお店に飾ってね」と庭の枝を切って持って来てくれたものでした。
あまりのかわいさに自分の庭にもその木が欲しくなって、
ずいぶん探して、数年後にやっと苗を手に入れました。
今では、毎年花を咲かせてくれます。

つぼみが”アポロチョコ”みたいで、とってもかわいい形です。
カルミアつぼみ


あんまりお手入れできない庭ですが、
今はすずらんやカルミア、好きな花が咲いています。

エムズのお店では雑貨に混ざって生花を飾ると、花瓶が倒れるという事が何度もあったので、
カルミアもお店に飾らず、ここに画像でご覧頂きます・・・。

そうそう、よくお店の二階が自宅だと思われるのですが、
自宅は別の場所で、お店の二階はアパートなんです。

ツェッペリン号


今日はお昼過ぎ、自宅に戻った時外に飛行船が飛んでるのが見えました。
つくばのイベントで飛ばしたツェッペリン号みたいですね。
こんなお天気のいい日に、飛行船・・・乗ってみたいな~。
熱気球も乗ってみたいのですが、
どちらも簡単には乗れそうにないですね。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

ステンレス魔法瓶


ステンレス魔法瓶


Chocoholicさんの人気商品、ステンレス魔法瓶の新デザインが届きました!

以前のガラス魔法瓶も大人気でしたが、
お子さんが学校に持って行くとお聞きするような時は、
正直、壊れやすいので、とお話してあきらめて頂いていました・・・。
でも前回からステンレス製にバージョンアップ!!
これなら、壊れにくいですね。
それに、ステンレスの魔法瓶って、
シンプルなものか子供っぽいキャラクターものしか見かけません。
なので、このキュートなデザインは本当にうれしいです。

これからの暑い季節には冷たい飲み物を入れるのもいいですね。
ステンレスなので、氷を入れることもOKです。
容量は約330ccなので、一人分のランチ用の飲み物にもぴったり。
私の娘も毎日学校に飲み物を入れて持っていっていますよ。

こちらには取り扱い説明書がついています。
プッシュボタン式の注ぎやすい蓋になっていますが、
この蓋の部分の洗い方などは説明書に書かれています。
透明ゴムと中栓のボタンのついている部分を廻し外して洗う事ができますが、
元に戻す時、斜めにならないようにきちんと閉めてください。

また、倒れても絶対にもれないという事はありません。
持ち運びの際はまっすぐ立てて、バックなどに入れるようにして下さい。
かわいいデザインの本体はプリントですから、
洗う時、固い磨き用のスポンジでこすったりもしないで下さい。
ちょっとの注意で、きれいな状態で長くお使い頂けます。

今回はちょっと大人っぽいグレーのものも入ってきました。
夏も冬も便利にお使い頂けるすてきなポットです。
プレゼントにもきっと喜ばれますよ。

各1155円ショップとwebサイトで大好評販売中です!
エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

逆さつくば。


やっと5月らしいお天気の日になりましたね。
4月は寒い日やお天気の良くない日ばかりでした。

おとといあたりからやっと半袖を着られるようになりました。
お天気の良い休日は私には久しぶりでした。
(水曜日は雨が多かったので・・・)
昨日は家族で、ちょっと遠くまでドライブ&買い物に行きました。
宇都宮まで行っちゃいましたよ~。
(また、餃子も食べちゃった。
今度はレモン牛乳は買いませんでしたが・・・)

道端やお庭に色々な花が咲いているのが見られました。
それに5月の連休明けなので、
茨城~栃木の間は田植えが終わったばかりの田んぼがいっぱい見られます。
中にはまだ、耕している途中の田んぼもありましたが。
私は「田んぼ」に入った事がないのですが、
泥の中に足を入れたらどんな感じなんでしょうね・・・。
エムズとお取引をしている”プルオーバー”さんは、
雑貨のお仕事をしつつ、お米も作ってるそうで、
田植え前の水田の泥っていうのは、
コーンポタージュのようにとろとろにまで耕すのだと言っていました。
かなり大変な作業らしく、でもそうだからこそ、おいしいお米が出来るのですね。

で、帰りに筑波山のそば、北条のあたりを通りかかった時、
夕闇が迫る中、田んぼに「筑波山」が映っているのが見えました。
まだ、水を張って、苗が植えられたばかりの田んぼだからですね。
もう、1.2週間もすれば、苗が伸びて山の映る姿も見えなくなってしまうのかも。
ほんの短い期間だけ見られる「逆さつくば」でしょうね。

写真を撮ってみましたが、車の中からだったのと
もう、薄暗くなってきていたのであまり良く撮れませんでした・・・。

逆さ筑波山


私は古い建物を見るのが好きですが、
今日は、栃木で沢山の”大谷石”で出来た蔵の建物も見ました。
まだまだ栃木には残っていますが、
やはり"大谷石”のお蔵はこれからは減っていくのでしょうね・・・。

大谷石の蔵


これからは、そんな"古い建物”の写真を撮る事もしたいな~と思いました。
それで、ここでたまにご紹介しますね。
雑貨屋だからインテリアも好きですが、
建築家の娘だから?(父が設計士です)子供の頃からお寺や建築、遺跡の写真集みたりしていて建物好きになったのかも?

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

ミルクガラスシェードについてその2


人気のミルクガラスのシェードと器具についての続きです。

こちらの照明器具を買いたいな、と言う方からの割と多いご質問内容を書きます。
まず、
「お部屋にこの照明ひとつでも明るいですか?」 というご質問です。
この照明器具に使える電球は白熱電球60Wまでです。
ダイニングテーブルの上に下げるペンダント、
洗面所やトイレなどの小さなスペースでしたら60Wでも問題ない場合が多いです。
でも、アパートの6畳位のお部屋でも60W電球ひとつでは暗すぎると思います。
当然、新築のおうちのリビングルームなどではとてもひとつでは明るさが足りません。
明るさの好みやどんな用途に使うお部屋かにもよりますが、
この照明器具は他にシーリングやダウンライトなどがあっての上で使うか、複数使う、又は狭いスペースでお使い下さい。

それから多いご質問は 「コードの長さは延長できますか?」です。
この器具の場合、コードは取り外しができませんので延長は不可です。
アンティークな雰囲気に作られている為、
布巻きのツイストのコードが使われていますが、長さは約50cmです。
どうしても長さが足りない時は別に
アジャスターがついて、シェードの高さを調節できる器具をご使用頂く様になります。
こちらですと、約65cm~2mの間の長さで使う事ができます。
こちらは陶器製のおもり部分があって、バランスを取る事で、
自由に高さが変えられると言う、また別の使い方のものになりますが・・・。
こちらもアンティークスタイルで作られていて、大変人気のあるお品です。
アジャスター付き器具使用時

また、別メーカーの商品で引っ掛けシーリングのローゼットの取り付け部分がむき出しにならないようにカップで隠れるタイプの器具もございます。
新築の際はこれも人気ですが、金属部分のお色がアンティーク色ではなく、ゴールドになります。
在庫が少なめなので、ご希望の場合はお問い合わせください。(国産品です。こちらも長さ延長は不可)

器具とシェードは別売り可能ですので、組み合わせや買い足し等はご相談下さい。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

ミルクガラスシェードについてその1


定番の人気商品”ミルクガラスシェード”についてです。

現在、数種類の形のミルクガラスシェードをお取り扱いしていますが、
やはり、なんといっても人気があるのは
こちらのタイプです。

フリルシェード

元々はヨーロッパのアンティークとしてよく見かけるものですが、
アンティークだとお値段がとってもお高い事を皆さん良くご存知です。
エムズで扱っていますこちらの品は、アンティークではなくて「レプリカ」です。
現行で製造されている、アンティーク調に作られたものです。
ですが、ガラスのフリルはハンドメイドで仕上げられていますので、
均一でなかったり、全体の形も必ずしもまん丸でない場合もあります。
そこがかえって、アンティークのものとなんら変わらない味わいのある出来上がりとなっているのです。

こちらととても良く似た縁だけがフリルになったタイプ同じ位の人気ですが、やはり同様に器具取り付け部分以外は全てハンドメイドです。
(器具取り付け部分は規格がありますので、大きさばらばらとはいきませんので・・・)

そして、器具もアンティーク調に作られた、このシェードにぴったりのデザインです。
でも、便利な事に器具取り付け部分は
”引掛けシーリング”という最も交換が容易にできるものが付いています。
また器具がアンティークだと心配だとお話になる方も結構いらしゃいますが、こちらの器具はSEマークもついた安心できるものです。

電球だけは付属していませんので、別にご購入して頂く事になりますが、
画像のようなシャンデリア球がクラシックでしっくりきます。
この器具に取り付けられる電球はE17という規格のものになります。
電球のねじ込み部分の直径が17mmのものです。
よく、聞かれるのですが、このシャンデリア球は
ホームセンターなどでも200円ほどで販売されています。
ご購入時は規格サイズをお間違えないようにして下さい。
電球が透明なものとスリガラスのように白っぽいものがありますので、
テーブル上のペンダントなど
目に電球のまぶしさが感じられる所でのご使用の場合は
スリガラスタイプの方がフィラメントがまぶしくないですね。

気に入った照明器具が近くにあると、その灯りを見るだけで和みます。
大人気の為、そこそこの数は在庫を持っておりますが、
なにぶん、ハンドメイドの為欠品すると入荷までが開きます。
新築やリフォームの際にお使いになりたいという場合は、
早めにご相談ください。
お取り置きなども検討させて頂きます。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

がま口お財布


がま口お財布


がま口型のお財布。
エムズの人気商品です。

今まで何十個いえ、何百個のがま口を皆様にお買い上げ頂いたでしょうか???
なんだか、ひとりで"がま口普及協会”やってるような気もします・・・。
がま口と聞くと”あ~おばあちゃんが持ってた~”とか思いますよね~
え~?ひいおばあちゃんが持ってた?失礼致しました。

パッチンの付いたがま口はレトロな雰囲気です。
でもね、エムズで売ってるがま口は、デッドストックのレトロ品ではなくて~、
最近の新しい生地を使った、今の物です。
生地もレトロポップなプリントやリネンなどいかにも今風のおしゃれなものです。

一見、そんなに入らなさそう、に見えますが
実は結構入るのです。
どれもWがま口と言って、大きなパッチンのなかにもうひとつパッチンが入っています。
なので、中は3部屋に分かれる訳です。
お札(これは一枚づつたたんで入れるのが正しい使い方だと思われます)
小銭を別々に入れて、真ん中のパッチンにはクレジットカードなどカード類を入れることが出来ます。
まぁ~今は皆さんポイントカードとか20枚位はかる~く持ってるので、
カード全部入れるのは無理と思いますが・・・。
クレジットカードとキャッシュカードなど10枚は入ります。
重要なカードはここに入れて
入りきらない他のポイントカードや診察券は
別にカードケースに入れたほうが探しやすいと思いますし。

あんまり入らないのかな?と悩んでるお客様に
「カードも入りますよ。」とお声をかけると安心されます。

ナチュラルスタイルのウェアやバックにはこんながま口が似合いますね。
エムズオリジナルのプリント使用のものも大人気です。
また、近々かわいいプリントで作ろうと思っていま~す。
(と言っても私が作るのではありません。ちゃんと本職の職人さんに作って頂きます)

無地のリネンタイプにはブローチや手芸店に売っている刺繍アップリケをつけてもいいですね。

かわいいがま口ぜひGETして下さい。
ルイヴィトンより珍しいですよ。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

シェルフ等の壁への取り付け2


シェルフやフック、キャビネットの壁への取り付け方法その2です。

この方法は「在来工法」といういわゆる一般的な木造の建築方法で建てられたおうちの場合に限ります。
工務店などで建てた、柱と梁があって、筋交いがありという建て方の事です。
この工法の場合、下地の石膏ボードの更に下には
木の構造体があります。
柱や梁それらをつなぐ木の部分です。
この木の部分にまで木ネジを留める事がでれば、
かなり理想的な強度でシェルフ類を固定する事ができます。

ただ、木の部分の表には石膏ボードが取り付けてありますので、
素人目にはどこに木の部分があるのかは判りません。
が、基本的には構造体として通し柱がありその間に等間隔に間柱が入れられています。
日本建築の場合、1間(約180cm)が基本なので、
この1/2の90cm1/4の45cmなどで木の部分があるのです。
上下も同じように180cmを基本にその1/3や1/4で木の部分が見つかります。
ただ、ここで注意しなければならないのは、柱の中心からが長さの基本です。
通し柱2本の間が180cmとすると柱のはじっことはじっこの間が180cmなのではなく、
柱の中心と中心の間が180cmです。
壁を叩いてみて音が違うので判るという事もありますが、
石膏ボードが厚いと叩いても判らない事もあるようです。
木の下地を探すセンサー(間柱探知機など)もホームセンターなどで販売されていますから
そのようなものを利用するのも手です。
 
なんとか、木の下地が見つかれば、
石膏ボードを突き抜けその木の部分までしっかり届く長さの木ネジをねじ込めば、それでかなりしっかりとシェルフが取り付けられます。
取り付けたい部分とほぼ同じ位置に柱があれば言う事ないのですが、
必ずしもそうとは限らないのがつらい所です。
そのような場合は石膏ボード用アンカーを使用したほうがいいかもしれません。

マンションなどで石膏ボードを使ったり、場合によっては壁が木です、なんて事ももちろんありますが、
マンションの場合は石膏ボードの下がコンクリートと言う事が多いので、石膏ボード用のアンカーでは使えないと思います。
(コンクリートに穴を開ける事に関しては管理規約に書かれている場合もあります。ご注意下さい)

石膏ボード用のアンカーやコンクリート用のアンカーについては検索されると色々情報が得られるとも思います。

気に入ったシェルフは好きな場所に飾りたいですが、
購入される前に取り付け方法はご検討されるといいと思います。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

シェルフ等の壁への取り付け1


エムズではシェルフ、フック、小さめのキャビネットなど
壁に取り付けて使う「小家具」などを販売しています。

お客様は女性が多いので、
このようなフック・シェルフ類を「壁に取り付ける事」について
よく判らないという方が多いです。

素敵なインテリアは大好きだけれど、
それを取り付けたり、交換したりする方法や使う工具などの事が判らないとおっしゃいます。
大抵は店長が詳しくご説明するのですが、
今日はここにそんな取り付け方法をまとめて書きますね。

現在、皆さんがお住まいの住宅はほとんどが、室内の壁は下地が”石膏ボード”です。(そこにクロスが貼ってあったりします)
なので、石膏ボードの壁にシェルフを取り付ける時の事を書きます。

石膏ボードはプッシュピンなどでも刺さりますが、手前に引くとすぐに抜けてしまいます。
ボード自体にピンやネジを固定できる強度が無い為、ここにネジを刺してシェルフを掛けてもすぐに外れてしまいます。

なので、石膏ボード用の専用の留め具が必要になります。
ホームセンターなどで各種販売されていますので、
シェルフやフックを取り付けたい時はこれを利用するのも方法です。

石膏ボード用アンカー


画像の黒い物、その左隣の半透明の白っぽいもの、左下の白いスクリューの付いたもの、
この3点は形こそ違いますが基本的には同じ構造で「アンカー」と呼ばれるものです。
壁に穴を開け(この留め具を差し込む事で石膏ボードに穴があきます)
それぞれ、木ネジを少し飛び出た所までねじ込むうちにアンカーが壁のボードの中で開いて抜けにくくなるという構造です。
アンカーにねじ込んだ画像中央にあるような木ネジの少し飛び出た部分にシェルフやフックのひっかけ部分をはめて使う訳です。

軽いシェルフやフックの場合右下のようなフック付きの物も使用できます。これはガイドラインがあって、4本の細い釘を打つと、石膏ボードに対してまっすぐと斜めに刺さるようになっていて抜けにくくなると言う物です。
画像のものは釘を打ったのちカバーをかぶせるタイプです。
ただ、こちらは釘が細い事もあって強度はそんなにありません。
大きめのキャビネットや重いかばんを掛けるようなフックには向きません。

これらの石膏ボード用のアンカーなどを使うのはひとつの方法ではありますが、
デメリットも知っておかなければなりません。
*付け位置を簡単に変えられない。
一度取り付けたアンカーはきれいに外す事ができません。
取ったとしても石膏ボードに穴が残ります。安易に付け位置を変える事が出来ないのです。
*頑丈に付くとは限らない取り付けるキャビネットがそんなに重くなくても、植木鉢や陶器、本を載せたりすると意外と重量がかかります。
1個で手前に引き抜く強度が10㎏とかですが、
アンカーの下方向に対する耐荷はそんなに強くありません。
お子さんがぶら下がったりすれば壁ごと外れて大変な事になるかも知れません。

と、言っても石膏ボードを使ったおうちの方が多いのが現実ですから
皆さんそれなりに工夫して好きなシェルフを取り付けたりしている訳です。

もうひとつ、別な取り付け方法がありますので、
シェルフ等の壁への取り付け2として別にご紹介いたします。

エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

やっぱり手作りジャム


ゴールデンウィーク真っ只中です。
でも、エムズは水曜日以外は営業中です!

連休の間、家族でお出かけする方、
おうちでのんびりする方色々な過ごし方なのでしょうね。

私はお店に行ったり、ちょっと家に戻って家事をしたり、
昨日はそんな感じでした。
で、買い物に寄った時小さないちごがやす~く売られているのを発見しました!

いちごどっさり


これはジャムにするしかないですよね~。
早速、家に戻って、準備をしました。
で、レトロなホーローのお鍋に入れてジャムにしました。
 
レトロなお鍋で・・・


しかし~ず~っと家にいる訳にいかないので、
途中何度も中断しつつ、なんとか出来上がりました。
やはり、甘さ控えめで、お砂糖・レモン汁・いちごの他はな~んにも入っていないので、おいしいし、安心です。
多めに作った分は冷凍にします。

ところで、 ”いちごジャム”には思い出があります。
主人の祖父が元気だった頃よく作ってくれたのです。
私が土浦に嫁に来た頃です。
毎年、春先になると沢山作って持って来てくれたり
「ジャム作ったから取りにおいで~。ついでにお砂糖も買ってきて~」と電話が・・・。
おじいちゃんまだまだ作る気満々でした。
入れてくれる瓶もネスカフェの大きなインスタントコーヒーの空き瓶でした。
それをいくつもくれました。
かわいいおじいちゃんがコトコト沢山のジャムを煮てくれたのです。
そのおじいちゃんももうずいぶん前に亡くなりました。
亡くなった後も、しばらく沢山のいちごジャムが冷凍庫に残っていましたね・・・。

わたしの直接のおじいちゃんではありませんが、
やさしいかわいいおじいちゃんのおいしいいちごジャムはジャムを作ると思い出されます。

Home made ジャムの出来上がり


エムズ エンポーリアムのサイトはこちら

| エムズエンポーリアムの雑貨屋さんブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。